大塚食品 マイサイズ編 Vol.2 塩分が気になる方の欧風カレー

未分類

今回は大塚食品から発売されている「マイサイズ」の感想第2弾を書きたいと思います。

 

マイサイズとは?

マイサイズとは大塚食品から発売されている「レトルト食品」のシリーズです。

通常の「レトルト食品」に比べて、カロリー・塩分・内容量などが分かり易く表示されており、

自分に合わせた食事サイズを思い描きやすくなっています。

 

いいね!プラスとは?

マイサイズは現在32品目ほど(2020年3月時点)販売されています。

その中で「より健康に気をつかうあなたへ」【調剤薬局向け商品】として

 

1)塩分が気になる方向け「おいしくて塩分1g」シリーズ・・・4種類

2)たんぱく質を摂りたい方向け「おいしくてたんぱく質10g」シリーズ・・・4種類

3)糖質が気になる方向け「糖質の吸収を抑える」シリーズ・・・2種類

の3シリーズが「マイサイズ いいね!プラスシリーズ」としてラインアップされています。

 

なお、ここで言うところの「塩分」という表現に関しては「塩分は食塩相当量の通称としてこれまで慣れ親しんだ呼び方であることから塩分という言葉を使用している」旨の説明が大塚食品マイサイズ商品公式サイトに説明があります。

どれも興味深いのですが、今回は「塩分が気になる方の欧風カレー」を実際に食べてみた感想です。

塩分量(食塩相当量)は?

さて、「塩分1g」とぱっと言われてもなかなかピンときません。

調べてみると、いろいろな機関が1日あたりの塩分摂取量の目標値や推奨値、目安などを発表しています。その目標値を見てわかることは、多くの方は必要量を超える塩分を摂取しているということです。おおまかに言っても1日約2g以上も摂りすぎているようです。

そこで、同じ大塚食品のボンカレーゴールド(中辛)を見てると、塩分は2.5g

マイサイズ いいね!プラス 塩分が気になる方の欧風カレー(中辛)の塩分は1g

なんと1.5g分減塩することができます。

もちろん、ボンカレーゴールドは内容量180gでマイサイズ いいね!プラス 塩分が気になる方の欧風カレーは150gですので内容量が減っている点に注意が必要で単純に比較はできないところもありますが、1人前あたりで比較すると1.5gの減塩になっています。

味は?

今回は「塩分が気になる方の欧風カレー」(おいしくて塩分1g)と前回紹介した「マンナンごはん」を組み合わせて食べてみました。

「マンナンごはん」の加熱方法は前回ご紹介しましたので今回は「欧風カレー」の方を紹介します。丁寧な説明が箱裏に記載されておりますので、ここではざっと写真で紹介します。

 

基本的には電子レンジだけで調理できます。お湯も火も使わないので便利で安全です。

「マンナンごはん」と組み合わせればお皿さえ必要ありません。

 

1.箱の上部を「OPEN」マークから点線に沿ってあけ、下の写真のように折り返します。

この時中袋の封は切りません。

 

2.この状態で箱ごと電子レンジで500Wなら1分20秒温めます。これだけです。

温め後が下の写真です。

上の写真と比べて若干膨らんでいるのがお分かりいただけますでしょうか。

 

3.温めた「マンナンごはん」のトレーに入れるだけで完成です。

マンナンごはんのトレーにピッタリ納まりますので、お皿を汚すこともありません。

「マンナンごはん」              「欧風カレー完成」

 

気になる味は・・・

適度にスパイスが効いて、それでいて玉ねぎの甘みがほんのり感じられて美味しかったです。

これで塩分がたったの1gなので、とても健康的と言えそうです。

大塚食品マイサイズにはまだまだ種類がありますので、次回以降ほかのラインアップもご紹介する予定です。

―あくまでも個人の感想です―